武蔵小杉でほとんど痛みのないソフトな施術で腰痛を改善します!

整体バイタルあきやま


慢性腰痛の原因は?

こんにちは武蔵小杉の整体バイタルあきやま 院長兼腰痛アドバイザーの穐山鉄矢です。

今日は慢性腰痛の真の原因をお伝えします。

私の武蔵小杉の整体院には腰痛をはじめ坐骨神経痛、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と言った様々な腰痛のトラブルを抱えた患者さんが多く訪れます。そのような患者さんの殆どが色々な整体を受けて腰を整体されているにもかかわらず、改善していない患者さんが殆どです。

このような腰痛でお悩みの患者さんに共通するのが、今まで整体を受けたが腰をメインに整体をしている事です。

腰痛なんだから腰をメインに整体をするのは当たり前とお思いですが、腰だけではなくて、身体全体のバランスを整体しなければよくなりません。それに忘れてはいけない場所が足の裏です。

足裏?

と思いますが、身体のバランスをとっているのが足の裏です‼

腰痛整体で、腰を中心に整体をして、良くなっても、足裏のバランスが取れなければ立っている時にバランスが崩れ腰回りの筋肉にまた過度な負担がかかり腰痛になります。

足裏の障害で特徴的なのが、外反母趾や内反小趾、浮き指です。

浮き指?

聞いたことないかもしれませんが、子供を中心に流行ってしまっている足の障害です。

立っていても、座っていても、足のつま先が地面に着かず浮いた状態の指の事です。見た目に指が反っていなくても足指が甲に向けて90°以上曲げれるなら隠れ浮き指と言ってもいいと思います。

なぜ浮き指や足の障害が腰痛になるか?


歩行の際に、足の指がうまく使えなく、足指で地面をつかむ事が出来なくなり重心が安定しないためバランスをとれなくなります。つま先が浮いていることで、重心がかかとよりになり、腰がそっくりかえったり、姿勢が崩れ猫背になり腰痛を繰り返します。

なぜ浮き指になるのか?


電車や車、バスを利用するので歩くことをしなくなったからとか、道路が舗装されてきれいになったからとか?歩かなくなったからとか?色々原因はあるのですが・・・

一番の原因は靴やインソールがおかしくなってきたからです。

今流行している性能のいい靴を履くと足の指を使わなくても歩けるので足が退化しています。

足の裏には、親指(母指球)とかかとを結ぶ縦のアーチと小指(小指球)とかかと縦のアーチと親指(母指球)と小指(小指球)を結ぶ横のアーチがあります。この3つのアーチがあり5本の指をしっかり動かせる事で身体のバランスがとれ腰痛改善に大きく役立ちます。

腰痛整体に行って身体を整えた後にはしっかり足裏のケアをしてください。


整体バイタルあきやまのご案内

住      所:
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目28−1 108
アクセス:
東急東横線・南武線 武蔵小杉駅西口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
044-722-1353
受付時間:
平日 10:00~20:00
木曜 10:00~14:00
土曜・第三日曜 10:00~14:00
定休日:
日曜・祝日(不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ