武蔵小杉でほとんど痛みのないソフトな施術で腰痛を改善します!

整体バイタルあきやま


足を組む人必見!骨盤のゆがみ簡単改善方法

足を組むデメリット4

  1. 骨盤がゆがむ
  2. 股関節がゆがむ
  3. 上半身にねじれがでる
  4. 猫背になる

骨盤が歪む

足を組むことで骨盤の高さが変わってきます。骨盤の高さが変わる事で今度は坐骨(お尻の骨)の高さも変わってきます。
足組む画像.jpg

足を組むことで左右のお尻に均等に体重がかからなくなり、片側に主に乗ってしまい坐骨の位置が微妙に変化をします。それが続けばバランスの筋疲労に左右差が出てきて腰痛の原因にもなります。

股関節がゆがむ

足を組むことで股関節周りの筋肉バランスが悪くなり股関節のゆがみの原因にもなります。

上半身がねじれる

足を組むことによって、組んだ足とは逆方向に身体がねじられることを存知ですか?

例えば、足を組みながらデスクでパソコン作業をしている場合に、右足を上に組むことで身体は左にねじられまが、上半身又は首が逆方向にねじれます。身体のどこかにゆがみが出ればそれを補正するためにゆがんだ方向と逆方向にゆがみがでます。ゆがみが出る事によって腰痛、肩こり、頭痛の原因にもなりますのでご注意下さい。

猫背になる

足を組むと身体は自然に前傾姿勢(丸まる)になってしまいます。前傾姿勢になることによって、頭側からの重力を首のクッションを使わず、筋肉で我慢しますので、肩こり、頭痛の大きな原因にもなります。
猫背画像.jpg

ユーチューブでの説明です↓



足を組みたくなくなる対処方法

前回もお話ししましたが、足を組む人は骨盤のたから(坐骨)の高さが違ってきています。骨盤(坐骨)の高さがそもそも違っているので足を組みたくなります。これは自然な事です。

なので骨盤(坐骨)の高さを座っいる状態でそろえる事によって足を組まなくてもよくなるのです。

座っているときに骨盤(坐骨)の高さをそろえる方法


用意するもの

バスタオル又はスポーツタオル

①自分がいつもどちらの足を上にするか確認
②基本的に足が上になっている骨盤(坐骨)は逆側よりか骨盤(坐骨)が上がっています
③足の上がっていない方にタオルを二つ折り又は三つ折りにして半分にだけ座る
④その時のタオルの厚さはあまり厚くならなくても大丈夫
⑤片側にタオルを入れたけれども違和感がなければ、それをやってみて下さい。

ユーチューブでの説明↓


この方法は椅子に座っているときだけではなく、正座、あぐら、ソファーなどに座っているときにでも有効な方法です。座っているときに少しでもゆがみがなくなれば、身体にかかるストレスは確実に少なくなっていきます。普段足を組むのであれば先ずは試しに10日間行ってみて下さい。座っているときの腰の疲れがいつもと違う感じになってきます。

先ずは試してみて下さい!


Hp.jpg
img--00006.png

整体バイタルあきやまのご案内

住      所:
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目28−1 108
アクセス:
東急東横線・南武線 武蔵小杉駅西口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
044-722-1353
受付時間:
平日 10:00~20:00
火曜 10:00~17:00
土曜・第三日曜 10:00~14:00
定休日:
日曜・祝日(不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ