武蔵小杉でほとんど痛みのないソフトな施術で腰痛を改善します!

整体バイタルあきやま


ぎっくり腰の対処法

「ぎっくり腰」も予防出来る事知っていましたか?

ぎっくり腰はドイツ語で魔女の一撃ともいわれるくらい一撃でとんでもない事が起こります。
  • 腰が痛くてベットから起き上がれない
  • 腰が痛くて椅子から立ち上がれない
  • 腰のどこが痛いかもわからないくらい痛い
  • トイレに行くのもやっと
  • 本当に一歩歩くのがやっとだ
  • 腰の痛みで少しの段差も足が上がらない
など色々感じるのではないでしょうか?


ぎっくり腰になったきっかけは?

  • 椅子から立ち上がった瞬間
  • 靴下を履こうとししゃがんだ瞬間
  • 子供を抱っこした瞬間
  • 後ろのものを取ろうとして振り返った瞬間
  • 中腰から起き上がろうとした瞬間
  • 高いものを取ろうとして背伸びしたとき

など色々な時に起こっています。しかしおかしいと思いませんか?


いつもきっかけは毎日行っている軽い動作で起こる場合が多いのが・・・


毎回やっている動作なのですがなぜ今回だけぎっくり腰になったのか?


ここがわかれ分かればぎっくり腰も予防ができるようになりぎっくり腰の恐怖からも逃れるでしょう。

しかし大半はぎっくり腰を予防している人は少数派で、ぎっくり腰は予防の使用がないと思っている整体師やドクター、針きゅう師、マッサージ師などが多いので今回はどのようにして予防していくかを書いていきますので是非読み続けて下さい。

ぎっくり腰に限らず身体の症状には必ず前兆ががあると考えられます。しかしぎっくり腰のように突然なると前兆がなかったという方が大半です。ぎっくり腰の詳細についてはまだ解明されていませんが何の問題もなく起こる訳はありません。

細かくぎっくり腰になった方に問診をすると前兆は必ずありただそれを見逃している人が多いです。

 

ぎっくり腰の前兆は様々ですが以下に具体例を挙げてみます。

  • 痛みはないが最近腰に違和感を感じる事があった
  • 最近仕事が忙しくなり座っている時間が長くなった
  • 出張が続き新幹線に長時間乗る事があった
  • 物を持ち上げた時に少し腰に不安を感じた
  • 最近腰が張っている感じがする
  • 久しぶりにスポーツをして足が張っていた
  • 腰の動く範囲が少なくなったような感じがする
  • 朝起きた時に少し腰が痛かった
  • 週末旅行に出かけ子供を前抱っこしかなり歩いた
  • 仕事でストレスが多くなってきた

以上のような症状が現れた後にぎっくり腰になることがあります。これらの原因の多くは腰の疲労の蓄積から起こっています。このようないつもと違う症状が起こってきたときは簡単な対処法がありますので試してみて下さい。

 

簡単な対処法

前兆を感じたら今までと同じことをしているとぎっくり腰になります。

しっかり対処しましょう。
  • ゆっくりお風呂に入り腰回りや身体全体の筋肉の緊張を取る事を心がけましょう。
  • 腰に張りが出ると必ずお尻周りが張ってきますのでお尻周りをよくほぐす
  • ぎっくり腰の前にはふくらはぎが異常張ってきますのでふくらはぎをほぐす
  • 同じ姿勢はなるだけ避ける
  • ストレスによって腰痛やぎっくり腰になりますので気分転換をする。
  • ゆっくり体を休める
  • 腰やお尻周りをホッカイロなどで温める

以上でお分かりのようにまずは身体をゆっくり休める事です。同じ姿勢で同じ位置に負担をかけたり、ストレスをため込むことで筋肉の緊張が始まり筋肉の中を通っている血管が収縮し血流の流れが悪くなり筋肉が硬くなりますのでストレスをため込むことは避けましょう。

 

災厄な対処法

  • むやみにいつもやっていない腰のストレッチを始める
  • ランニングやプールで身体を動かす
  • 筋トレ
このような対処をされている人が結構いる事に驚きますし、またこのような対処方法を推奨している治療家がいるのもビックリです。ぎっくり腰は何回も言っていますけど筋肉の疲労から起こります。筋肉が疲労しているときに筋トレ、ランニング、プールは止めましょう。むやみにストレッチもやめて下さい。自分で行うストレッチも筋トレと同じ能動運動です。疲労しているときなどは能動的に動くようなことは避けましょう。疲労がない時にはこのような事は行った方がいいのですが、腰に違和感がある時に限ってやる方が多いので注意してください。

 

まとめ

ぎっくり腰は身体の疲労がピークに達した時に起こります。もし前兆があった場合には身体を休めるためにゆっくりお風呂に入ったり、気分転換をしたりしてください。本当は前兆が現れる前に色々な気分転換をしたり軽い運動やストレッチなどを行い事をお勧めします。ぎっくり腰になってしまうと、仕事をキャンセルや遊びにも行けなくなるしいい事はありません。そのためにも毎日のお身体のケアをしてください。年間2~3回やってしまう方は今までの生活習慣をしっかり見直すことで対処できます。逆に見直さなければ同じことの繰り返しでしょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


ぎっくり腰の原因は筋肉の疲労です‼

それに体が冷えることで、筋肉が硬くなり、血流も悪くなります。

ホッカイロで温める事と、あと一つ動画で対処方法も言っていますので動画のほうもご覧ください。


整体バイタルあきやまのご案内

住      所:
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目28−1 108
アクセス:
東急東横線・南武線 武蔵小杉駅西口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
044-722-1353
受付時間:
平日 10:00~20:00
火曜 10:00~17:00
土曜・第三日曜 10:00~14:00
定休日:
日曜・祝日(不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ