武蔵小杉でほとんど痛みのないソフトな施術で腰痛を改善します!

整体バイタルあきやま


朝起きの腰痛

朝起きた時になぜ腰痛が起こるのかを3回に分けて動画でお話します。

①なんで腰痛が出るのか?

②どうすれば腰痛が出ないのか?

③どこの筋肉が緩めば腰痛が出なくなるのか?

なんで腰痛が出るのか?



私たちの体には脊柱の湾曲(S字カーブ)があります。立って要る時には真上から重力で潰されるのを防ぐために脊柱の湾曲がありクッションの役割をしています。

寝ている時に脊柱の湾曲は必要でしょうか?

考えてみて下さい。立っている時には頭の方から潰されるため湾曲が必要になります。しかし寝ている時には頭の方からではなく、上向きであれば、お腹の上から重力がかかります。立っている時に湾曲を作っている筋肉が寝ていても湾曲を作ってしまうために、足を伸ばして寝ている時には腰が少し浮くのがわかると思います。これが朝起きた時に起こる腰痛の原因です。

なぜ、足を伸ばして寝た時に腰が浮いてはいけないか?

腰が浮くことで腰周辺の筋肉や背中、お尻周りの筋肉が緊張します。特に腰痛がひどい人になると、自然に横向きになり丸まって寝ている人が多いと思います。丸まる事によって腰を浮かしている筋肉が緩むからです。その筋肉については次の動画御ご覧ください。

まとめ!

立っている時には湾曲が必要だけど寝ている時には湾曲があると腰痛になる。

どうすれば朝起きた時の腰痛が起こらないの?

 
②どうすれば痛みが出ないのか? 寝ている時に湾曲を作っている筋肉を緩め、湾曲がないように寝れば腰痛は改善します。

どの筋肉が湾曲を作っているの?

答えは➡腸腰筋です!

①腸骨筋。 ②大腰筋。 ③小腰筋。 この3つを合わせて腸腰筋と呼びます。

「整体バイタルあきやま」では、腰痛施術だけではなく、自宅ケアで休息(寝る)をする時にしっかりこの腸腰筋を緩める事が「朝起きの腰痛」に最も大切な事だと考えています。寝る前は腰痛がないのに朝起きると腰痛が出るのは、寝ている時にしっかりと休息をとっていない証拠にもなるからです。 

しっかりと腸腰筋を緩め休息をとる事で「朝起きた時の腰痛」を改善します。

どこの筋肉が緩めば腰痛がなくなるの?

朝起きた時の腰痛にならないためには、寝る前にしっかりと体の全面をストレッチしてください。ストレッチする事で筋肉の緊張がとれ、湾曲を緩和してくれます。緩和する事で腰の負担が減ってきます。それに寝る前にストレッチをすることで身体が緩みます。緩むことで寝ているときに寝返りの回数が増える事で同じ姿勢が続かないで済むので「朝起きた時の腰痛」の改善に役立ちます。

整体バイタルあきやまのご案内

住      所:
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目28−1 108
アクセス:
東急東横線・南武線 武蔵小杉駅西口より徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
044-722-1353
受付時間:
平日 10:00~20:00
火曜 10:00~17:00
土曜・第三日曜 10:00~14:00
定休日:
日曜・祝日(不定休)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ